PAGE TOP

ノロウイルス関連テーマ銘柄まとめ

今年もノロウイルスの感染が深刻になってきています。
大阪府では今月4日、大東市内の病院で入院患者と職員計48人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、このうち80歳の女性と70歳の男性が死亡したと発表しました。
NKJ56_okusurij500

毎年11月頃から翌年の4月にかけて、ノロウイルスの感染を原因とするウイルス性のおう吐・下痢症が流行します。特に保育園、幼稚園、小学校等の子ども達が集団生活を送っている施設では、内部でヒトからヒトに感染し、爆発的に流行することがあります。

Google検索トレンドを見てみますと、今年もノロウイルスを検索される方が増えだしていることが見て取れます。

ノロウイルスにはワクチンが存在しません。
そのため重要になってくるのは手洗い・うがい・殺菌による予防になってきます。
うがい薬といえば明治HDの”イソジン”等が有名ですが過去ノロウイルスが流行した際には、売り上げが前年と比較し10倍になったそうです。
また、早期発見による二次感染予防も感染を食い止める重要な要素となります。
ノロウイルス関連の銘柄としては下記の内容に分類出来ると思います。

  • うがい薬/殺菌

ノロウイルスの対策として最も有効なものは手洗い・うがいとなります。流行にともない売り上げに大きく影響します。

  • 抗ノロウイルス繊維

マスクや医療用繊維に用いられるウイルスを減少させる繊維の開発/製造/販売等。

  • ノロウイルス検査試薬関連

ノロウイルスの検査・検出用の試薬の開発/製造/販売等。

下記に銘柄をまとめました。
ノロウイルス関連銘柄はインフルエンザ関連銘柄と重なる銘柄も多いです。合わせてチェックしてみてください。

ノロウイルス関連テーマ銘柄一覧
*銘柄名・チャートをクリックでYahoo!financeへ飛びます。
*チャートはリアルタイム更新されています。

関連
銘柄
特色(Yahoo!Financeより引用)
テーマ関連要因
チャート
うがい薬・殺菌明治HD明治製菓と明治乳業が09年統合。11年4月に国内首位の乳業・菓子、急成長の医薬品に再々編明治製菓は食薬兼業の会社。医薬は感染症、中枢神経系が柱。明治製菓は、うがい薬のイソジンが有名。インフル・ノロイルスの流行により同製品の売り上げが増加が見込める。
うがい薬・殺菌ニイタカ業務用洗剤、洗浄剤、固形燃料の製造、販売。旅館や外食向けの固形燃料は国内シェア6割食品製造分野向けに衛生管理推進サポートシステム「NICEシステム」を提案している。
検査サービスBML臨床検査2位。生化学的検査に強み。全国に検査ラボ。電子カルテなど医療情報システムを育成ノロウイルス検査サービスを展開。
検査試薬関連栄研化臨床検査薬大手。便潜血検査用試薬はシェア5割超。遺伝子関連強化中。アライアンスに積極的便潜血検査試薬でシェア5割超を誇り、ノロウイルスGI/GII検出試薬キットを手掛ける。
検査試薬関連カイノス臨床検査薬の中堅メーカー。生化学、免疫血清学的検査用試薬に重点。共同開発の促進に注力インフルエンザ関連銘柄としても有名。ノロウイルスを検出する試薬「スイフトジーン ノロウイルスGⅠ/GⅡ『カイノス』」を販売しており、測定に必要な時間が、およそ2時間で済むことから、早期発見で期待が高まっている。
検査試薬関連電化三井系資本で発祥、祖業のカーバイドは国内首位。独自製法の合成ゴムや溶融シリカ等に特徴傘下のデンカ生研がノロウイルスを約15分で検査診断できる「クイックナビ-ノロ」を展開している。インフルエンザのワクチンも開発・製造している。
検査試薬関連東ソー総合化学の一角。塩ビ・ウレタン原料の一貫生産、電子材料など機能部材に特長。オルガノ擁すノロウイルスの遺伝子群GIとGIIの幅広い遺伝子型を1サンプルあたり1回のみで、迅速、簡便に検出できるノロウイルス検査試薬を製造販売。
検査試薬関連島津製分析・計測機器大手で医用機器、航空機器にも強い。半導体・液晶関連、バイオ・環境を育成ノロウイルス検出試薬セットを販売。
検査試薬関連タカラバイオ遺伝子研究用試薬や理化学機器販売が主。遺伝子医療研究に注力。バイオ技術でキノコ生産販売ノロウイルスを特異的かつ迅速に検出・同定する研究用試薬「TaKaRa qPCR Norovirus (GI/GII) Typing Kit」を発売
抗インフルエンザ繊維シキボウ紡績名門。機能材等の育成や豊富な不動産資産活用し財務改善を進める。電子機器事業も洗濯50回後でも繊維に付着したネコカリシウイルス(ノロウイルス代替ウイルス)の感染価を99.9%低下させるノロウイルス対策繊維「アルゴン」を製造・販売。

資産運用をこれから始める方へ


私がメインで使用しているネット証券会社です。資産運用をこれから始める方にオススメです。
GMOクリック証券
取引手数料が安価なためメインで使用しています。また、企業分析ツール『シェアーズ』の情報が無料で使用でき、簡単に財務分析を行うことが出来る上、株価の割高・割安などの水準を表示してくれます。
SBI証券
ネット総合証券最大手で口座開設数もNo.1。取引手数料も安く安心して使える証券会社です。セミナーも多く開催しており初心者の方にオススメな証券会社です。
アクセスランキング